ラグジュアリーモダンの絵になる家づくり

歴史と革新性

トップメゾンは、グループ全体として100年以上の歴史を持つ会社です。その歩みは、常に革新と共にあり、当社の歴史はその革新を積み上げてきた結果です。時代と共に変化していかなければならないこと、どんなに時代が変わっても決して変えてはならないこと、その両面を見極めながら私たちは進化し続けています。

進化と共にある“歴史”

企業に歴史があること、それはすなわち、世の中の変化に柔軟に対応してきた証です。母体となる「丸鹿セラミックス」は、自社製造の和瓦の輸出業をきっかけにいち早く外国の瓦の魅力に着目。日本で初めてヨーロッパ瓦を輸入し、成功に結びつけました。そうした次代を見据えた「先見性」が企業を進化させ、歴史を作っていくのだと私たちは考えています。実績や信頼の指標ともなる“歴史”を積み上げてきた先人たちの努力に感謝しながら、それに驕ることなく常に進化を続け、次の世代へバトンを引き継いでいきたいと思っています。

丸鹿セラミックス株式会社

歴史が証明する“革新性”

私たちにとっての“革新”とは、ただ目新しいことをするのではなく、世の中のニーズをしっかり汲み取りながら新しいことに挑戦していくことです。世の中に求められているものが無ければ調達するルートを確保すればいい。世の中に必要とされているものがまだ世の中に存在しなければ、そのシステムやサービスそのものを創り上げればいい。そうしたパイオニア精神が、当社グループの歴史に革新を刻んできました。「What’s next?」—当社の歴史に裏打ちされた“革新性”に誇りを持ちながら、これからも私たちのチャレンジは続きます。